トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

自分で選ぼう

 「投票に行きました。親が選んだ候補者の名前を書きました」

 十八歳から投票できるようになり、若者に政治や選挙に関心をもってもらうための有権者教育が各地で行われている。県高岡看護専門学校では、架空都市の模擬選挙があり、学生は投票の仕方を体験した。この学習を経て、学生は「次の選挙には候補者の考えを聞いて、自分で候補者を選びたいと思う」と話してくれた。

 自分で選ぶという行動は、国政選挙という国の将来を左右する大事な選挙で意外と早く試される。主催者が学生に送ったメッセージは「自分の未来を選ぶ人になりますか、それとも誰かに選んでもらいますか」だった。

  (武田寛史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索