トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

草刈り十字軍

 植林地で雑草を刈るボランティア「草刈り十字軍」復活の取材をして思い出した。学生時代に北海道でしたコンブ採りのアルバイトだ。正確にはコンブ干し。浜を駆けずり回るきつい仕事だった。

 一方、草刈り十字軍のメンバーは楽しそう。仕事とボランティアの違いだろうか。体を思いっきり動かした後のさわやかさに、ボランティアをした満足感が加わると、気分爽快になるのだろう。

 メンバーの一人は「みんなでする草刈りの楽しさはやった人しか分からない」と話した。仲間と一緒に頑張る要素も魅力のようだ。夜には車座になって酒を飲みながら語らい、人生を学ぶ。ちょっと古めかしいが、なかなかいいかもしれないと思った。 (山森保)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索