トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

片りん

 「悔しい」。全国の頂点に立ったばかりの青年は、インタビュー中に何度もこの言葉を口にした。

 一日にあった全国高校総体の陸上男子200メートルで、県勢で初めて優勝を果たした富山商業高校三年の福島聖選手(17)。中学二年から三年まで同じライバルに負け続けた。「悔しさしかなかった」。心が折れかけかねない挫折だ。

 記者が「陸上をやめようとは思わなかったか」と問うと「皆無でした。このままじゃ終われない。その思いしかなかった」と即答。「自分は悔しさをばねにして強くなってきた」とも語った。

 栄光におごることなく、自分を謙虚に見つめる目の前の青年の姿は、トップアスリートの片りんを感じさせた。 (酒井翔平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索