トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

軽音旅館

 砺波市の山あいにある老舗温泉旅館。約二年半の閉鎖期間を経て、大学の軽音楽サークルの合宿誘致を狙った宿泊施設に生まれ変わったのには驚いた。

 「大学の休みは限られる。採算は合うのですか」と質問すると、「施設、環境とも最適。需要は意外にあります」と社長。確かに軽音楽サークルは大学につきもので、一つの大学に複数ある。だが、団体で合宿し、練習できるところはほとんどない。

 ドラムやアンプを備えた防音の貸しスタジオと宿泊料の二本立ての収益構造になっているのにも感心した。

 お客が若者というのも魅力的だ。市内観光が増えれば、市も大歓迎だろう。 (山森保)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索