トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

非公開の理由は

 県議会の議会基本条例の検討会は冒頭を除き非公開。終わると委員長が会見し、一週間後に議事録を公開する。委員長は当初、非公開の理由を「深い意味はない」と話し、二回目の会見で「正確な全体像を伝えるため」と説明した。「公開すると、なぜ正確に伝わらないか」と問うと、議会事務局職員が渡したメモを読み上げた。

 議会改革の専門家は「非公開には相当な理由が必要」と話す。個人的には、他県の例を見ても、非公開もあり得るのかと思う。ただし、それには、代表者が非公開の意味を、自らの言葉で説明する必要があるだろう。有権者の代表である議員が深い意味もなく、非公開で議論していたら、有権者の軽視ではないか。 (木許はるみ)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索