トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

笑えない話

 WBCで二大会ぶりの優勝に向けて激戦を繰り広げる野球日本代表。魚津市出身の石川歩投手が先発した開幕のキューバ戦で、日本選手が放った本塁打性の打球を観客の少年がキャッチし、二塁打と判定される出来事があった。

 ひと昔前なら「珍プレー」として笑い話になりそうだが、インターネット上では少年への批判や心ない中傷が相次ぎ、写真が拡散される事態に。ツイッターの書き込みでは一時、「クソガキ」という言葉が多く出回った。

 少年が自分の家族や友達だったら、同じようにさらし者にできるだろうか。多様な情報を得られるネットだが、他者に思いをはすことなく吐き捨てられた言葉を見るのは、しのびない。 (杉原雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索