トップ > 富山 > NPO通信 > 記事

ここから本文

NPO通信

とやま子どもの権利条約ネット(3) 条約 もっと知ろうよ

振り返りの会終了後に、子どもと大人一緒に踊った「恋ダンス」=射水市三ケのほっとスマイル・ぱれっとで

写真

 私は、二〇一二年に応募した二期生です。現在は高校二年生ですが、当時は小学六年生でした。条約ネットの良いところは、大人、子ども関係なく、誰とでも気軽に話せること。日頃の学校生活やそれぞれの趣味などです。さまざまな意見や思いがまとまり、形となってできたものはたくさんあり、その一つが「子どもがつくる子どもの権利条例」です。 

 三月二十六日、一六年度の振り返りの会合が開かれました。子どもたちは、一年の活動を振り返って今年の活動を考えたり、お互いの近況報告をしたりと、楽しいひとときを過ごしました。話したいことがたくさんあり、話し声や笑い声が絶えませんでした。

 「子どもがつくる子どもの権利条例」は昨年の夏から取り組んでいます。分からないことだらけでしたが、納得いくものにしたいとみんなで必死になって考えました。子どものためだけではなく、大人のためでもあるこの条例を完成させ、日本中の人に知ってもらいたいと思っています。

 たくさんの子どもたちに子どもの権利条約があることを知ってほしい。そして、大人にも、子どもにこのような権利があることを知ってほしいし、子どもに教えてほしいと思います。

 今年は私たちの「子どもの権利条例」を完成させることが一番の目標ですが、この条例を広めていくことも大切です。この記事を読んで、だれか一人でも、私たちの思いが伝わり、興味を持ってくれたらうれしい。だれもが子どもの権利条約を知って当たり前の世の中に、日本中、世界中の子どもたちが自分のやりたいことを自由にできる世の中にしたいのです。

 私たちは今、声を大にして言いたい。「たくさんの時間をかけて、私の話を聴いてくれ!」と。(とやま子どもの権利条約ネット子ども実行委員・嶋悠里)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索