トップ > 富山 > メダカの学校を探せ! > 記事

ここから本文

メダカの学校を探せ! 北陸中日・BBT共同企画

 富山県内の自然環境を地域の人と探索する北陸中日新聞・富山テレビ放送(BBT)共同取材企画。BBTの番組クルーとともに現地に入り、貴重な自然の現状をテレビ番組、新聞記事の同時展開で伝えます。

【氷見・下久津呂編】 豊かな自然 繁殖確認

写真

副水路に大小の個体

 北陸中日新聞と富山テレビ放送(BBT)の共同取材班は十八日、氷見市下久津呂に入った。「メダカの学校を探せ」は今回が最終回。人の営みとメダカの暮らしが共存する万尾川を三月の初回調査以来、半年ぶりに訪れ、富山に残る豊かな自然を再確認した。(杉原雄介)

写真

 同行してくれたのは、魚津水族館学芸員の不破光大さん(35)と、氷見市教委の学芸員で淡水魚に詳しい西尾正輝さん(34)。二人の専門家に案内されたのは、初回に調査した時よりも上流にある万尾川の副水路だ。

 岸には高さ一メートル超のヨシが水面を覆うように茂っていた。水路は水深一〇センチほど。足を入れると、ふくらはぎまで漬かるほど泥が堆積し、茶色く濁っていた。

たも網を手に副水路に入りメダカを探す西尾正輝さん(左)とBBT矢野美沙キャスター=氷見市下久津呂で

写真

 それでもお構いなしに不破さんがたも網を入れると早速、ドジョウが捕れた。土の中に潜って餌をとり、越冬もするという。

 「春になって出てくる様子が、土から生まれたように見えるから『ドジョウ』と名付けられたようです」

 不破さんの解説に感心していると、今度は西尾さんの網に小さな魚がかかった。メダカだ。背びれの切り込みが浅く、体の側部に黒い斑点があることから「キタノメダカです」と不破さん。

 二人はメダカを次々とすくい、三分足らずで水槽がいっぱいになった。この“大漁”に、BBTの矢野美沙キャスターが「メダカの大運動会だ」と声を弾ませた。

(上)大量のメダカが入った水槽を手に笑顔のBBT矢野美沙キャスター(下)副水路の泥の中に生息するドジョウ

写真

 捕れたメダカは体長四センチ強から一センチ弱まで大小さまざま。不破さんは「小さいのは今年生まれたメダカ。繁殖活動がきちんとされている証拠」とうれしそうだ。ほかにもフナやタモロコ、ゲンゴロウが網にかかった。植物に覆われ、土の中にも隠れることができる水路は、鳥などの外敵から身を守れ、魚や昆虫が繁殖しやすい場所だという。

 万尾川でメダカをはじめとした淡水魚が群生する理由として、西尾さんは常々、水田から流れ込む水に餌となるプランクトンが豊富に含まれている点を指摘する。「平野が広がり、メダカがすみやすいゆるやかな川が多い氷見の環境を、地域一丸で守っていきたい」と力を込める。

 多くの調査に協力してくれた不破さんは「海の近くや山間部など、多様な状況下で一生懸命生きるメダカを半年間見てきて、環境保全への思いが強まった。この企画をきっかけに、富山の豊かな自然や生態系に興味を持ち、守ってくれる人が増えたら」と感慨深げ。自然の中で魚とりにわくわくした懐かしい気持ちは、この企画に参加してくれた多くの人とともに忘れず大切にしていきたい。

中谷内川に生息している外来生物のアカミミガメ=氷見市中谷内で

写真

外来種アカミミガメ

飼育に責任感を

 調査場所へ向かう途中にある氷見市中谷内(なかやち)では、市教委が外来生物駆除のためにかご状の網を設置している。西尾さんが引き上げると、派手な色をした甲羅のカメが入っていた。

 メダカやフナを食べ生態系を壊してしまう米国原産のアカミミガメだ。西尾さんは「誰かが放流したとしか考えられない」と表情を曇らせた。

 不破さんも企画を通じ、ミナミメダカやアメリカザリガニなどの外来種が多く見つかったことを嘆く。「水族館では、一度飼育したら死ぬまで面倒をみる。安易に生きものを飼い、世話ができなくなって逃がす人が増えているのでは」

 アカミミガメは川に戻らないよう遠くへ運んだが、このまま増え続けたら殺処分しなければならないという。「生態系を守るためとはいえ、殺すのは嫌なんですけどね」と西尾さん。メダカ探しを通じて、さまざまな生物の魅力を発見できたが、触れ合うには正しい知識と責任感が必要なことも学ぶことができた。

(第26回)2014年9月25日放送(動画提供:BBT)

  • 取材場所:氷見市久津呂地区
  • 川の規模:川幅80cm、水深10〜40cm
  • 水温:21.0℃
  • 氷見市久津呂地区を流れる万尾川の横の副水路を調査し『キタノメダカ』の群れを確認した。土手にはヨシが生い茂り、アオサギ等の天敵からは見えない環境になっている。4月に調査した場所の近くでもあり『メダカ王国・氷見』の底力を実感した。
  • 他の生物=ドジョウ、フナ、タモロコ、ウシガエル、ゲンゴロウ

 県内のメダカなど淡水生物の情報は北陸中日新聞富山支局へ。電話076(424)4141、ファクス076(422)3191

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索