トップ > 富山 > メダカの学校を探せ! > 記事

ここから本文

メダカの学校を探せ! 北陸中日・BBT共同企画

 富山県内の自然環境を地域の人と探索する北陸中日新聞・富山テレビ放送(BBT)共同取材企画。BBTの番組クルーとともに現地に入り、貴重な自然の現状をテレビ番組、新聞記事の同時展開で伝えます。

【舟橋村竹鼻編】 「村に自然残ってた」

写真

 北陸中日新聞と富山テレビ放送(BBT)の共同取材班は十五日、メダカを通した環境学習を続ける舟橋村の舟橋小学校四年生の現地調査に今回も同行した。児童ら四十人余によるメダカ探しは四月からこれまで行った六回はすべて失敗。この日も難航したが、田園を探り続けてついに採取に成功。児童たちは達成感に浸りつつ「守っていこう」と誓った。(伊勢村優樹)

挑戦7回 排水路で発見

田んぼや住宅に囲まれた石垣護岸の排水路。濁った中からトミヨやキタノメダカとみられる小さい魚などが見つかった

写真

 この日は山本一翔君が地元のお年寄りから得た「メダカがいた」との情報を基に担任の尾島良幸教諭(55)の案内で学校を出発。快晴で汗ばむ陽気。児童らは「暑い、暑い」と水分補給しながら田んぼ道を南へ進んだ。二十分後、ようやく目的地の竹鼻に到着。体操着は汗でびっしょりだ。

 場所は田んぼや住宅に囲まれ、石垣護岸が施された排水路(深さ一・五メートル、幅二メートル、水深三〇〜六〇センチ)。底には泥がたまり、水草や雑草が茂る。澄んだ場所があれば濁った所も。竹鼻に長年住む民生委員の古川晴樹さん(67)によると、近くの細川から流れ込んで田んぼを通った後の水を再び細川に戻すための排水路で、特に田植え時期は栄養価が高い水が流れるという。

【左】古川晴樹さん【右】尾島良幸教諭

写真

 五分もたたずにドジョウやヤゴ、オタマジャクシなどが続々たも網に。ひょっとしたらと期待を抱いて待つこと二十分。ついに児童らはメダカを発見。「草の所に隠れていた」と喜びをあらわにした。魚津水族館の不破光大学芸員によると、背びれの切れ込みが浅く、うろこの間に黒点があるためキタノメダカとみられる。

採取したメダカに興味津々なBBTの林藍菜キャスターや児童たち=いずれも舟橋村竹鼻で

写真

 絶滅の恐れがある淡水魚トミヨもいた。木村海斗君は「村は続々と家が建って自然がなくなったと思っていたけど、残っていた。この環境を守り、村いっぱいに広げたい」と思いを込めた。

(上)採取されたキタノメダカと(下)トミヨ

写真

 尾島教諭は「日本一小さな村でも場所によって異なる自然を知った子どもたちは物を多角的に見られるようになったのでは」と成長した子どもたちに満足そう。「村も捨てたもんじゃないと感じたと思う。ここから何を考え、どう動いていくかが楽しみ」と温かな目を向けた。

児童「最後まで飼う」

育つ自主性、責任感

 ようやく舟橋村の田園でメダカを採取できた舟橋小の児童たち。さて、そのメダカをどうするのだろう。

 尾島教諭に聞くと「児童がどうするか待っている」。自主性に任せるという。児童たちの結論は教室の水槽での飼育。尾島教諭が「飼うことに責任を持てるか」と問うと「はい」と声をそろえた。

 小学校では五年生が春から、理科の授業でメダカを飼育してきた所が多いが、もうすぐ夏休み。魚津水族館の不破学芸員は「時に『自然に返そう』と安易に採取した所とは異なる所に放されることがありましたが、それはしないでほしい。生態系崩壊につながることもあるから」と呼び掛けている。

採取したメダカやヤゴなどを教室で飼うことに決めた児童たち=舟橋村の舟橋小で

写真

 キタノメダカとミナミメダカの遺伝子分岐は長い時間で築かれたが、人が別の所に移して交雑すると一瞬で崩壊してしまう。キタノメダカだけを見ても地域により遺伝子タイプが異なるため、キタとミナミに限らず崩壊が起きる可能性もある。

 「基本的には返すことよりも飼ったら最後まで見てほしい」と不破学芸員。魚津市内の十二小学校中、九校では三、四年前、繁殖池を整備。育ったメダカを次の学年が引き継いでいるという。

 「飼うことは自分の時間の中から、そのための時間を割かないといけない。そうすることで子どもたちには命を預かるという責任感がついていくから」。道徳教育の面からも最後まで飼い切ることを勧めた。

(第16回)2014年7月17日放送(動画提供:BBT)

  • 取材場所:射橋村竹鼻
  • 用水の規模:4m、水深40cm
  • 水温:20.6℃
  • 舟橋小学校4年生が取り組んでいる『舟橋村のメダカを探す!』の調査に同行し、竹鼻地区の用水でキタノメダカを確認した。春先から村内を調査し、7ケ所目にして ようやくの発見となった
  • 他の生物=トミヨ、ドジョウ、ハグロトンボのヤゴ、アカハライモリ、カワニナ

 県内のメダカなど淡水生物の情報は北陸中日新聞富山支局へ。電話076(424)4141、ファクス076(422)3191

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索