トップ > 富山 > とやま遺産 > 記事

ここから本文

とやま遺産

ドライブイン金龍のそうめん 夏すっきり 客絶えず

ドライブイン金龍のそうめん=上市町大岩で

写真

 透き通ったつゆに、美しくそうめんが盛り付けられている。その上にのるのはショウガとネギのみ。すすってみると、すっきりとした味のつゆがからむそうめんはのどごし抜群。大岩山日石寺(上市町大岩)の参道前にある「ドライブイン金龍」の夏は、この味を求める客が絶えない。

 店主の坂井勝士さん(56)・朋子さん(54)夫婦によると、三代前のおかみさんが団子屋を始め、二代目が旅館を開業。戦後の食糧不足の中、手に入れた小麦でうどんや豆腐を出すようになった。そうめんがぶっかけなのはその名残。昆布、カツオ、シイタケと「三位一体」のだしは、誰が食べてもおいしい。

写真

 「あずき白玉ソフトのっけ」など新たな名物も生まれ、「昔のことを大事にしつつ新しいこともやっていきたい」と朋子さん。「生まれたときからそうめんを食べている」と話す娘の富山大四年美月さん(23)が考案した「にゅうめんにこしょう」は冬の人気メニューになった。

 夏は大岩店で毎日営業するが、それ以外の平日は町で出した小さな店を切り盛りする。「二人でほそぼそと味を継いでいけるように」。夫婦は今日も心をこめて一杯のそうめんを出す。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索