トップ > 富山 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

かわいい魚群が道案内 魚津水族館 サポーターらがシール貼り

順路を示す魚のシールを貼るサポーターたち=魚津市の魚津水族館で

写真

 魚津市の魚津水族館で9日、同館サポーターらが床に順路を示す300枚余の魚のシールを貼る作業をした。サポーターでイラストレーターのシヲリ(本名・八倉巻詩織)さん(30)=滑川市三ケ=がデザイン。貼る位置も1枚ずつこだわりながらサポーター仲間と道案内の魚群を創り上げた。

 来場者が間違えやすい3階のお魚ショー会場から「うおすいファミリウム」まで約15メートル間に210余を、2階の富山湾大水槽からジャングルコーナーまでの一部約7メートル間に120枚を貼った。

 シヲリさんが事前に魚シールにナンバーを付け、貼る位置を指定する同じナンバーのテープを床に貼って準備。サポーターや来場者の親子ら25人が色とりどりで形もかわいらしい魚のシールを貼っていった。

 うおすいファミリウムのゲートのデザインも手掛けたシヲリさんは「水族館の近くに住んでいて、昔からよく通っていた。私のイラストが館の役に立つならうれしい」と作業を監修した。サポーターの魚津市よつば小学校4年富山羚丸(れいまる)君(10)は「作業は楽しかった。魚のシールが泳いでいるようだ」と話していた。 (松本芳孝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索