トップ > 富山 > 2月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

贈って バレンタイン 男の子から花束 富山の園児体験

オブジェの前でフラワーバレンタインを体験する園児たち=富山駅南北自由通路で

写真

 バレンタインデーに男性が女性に花束を贈る「フラワーバレンタイン」を広めるハート形のフラワーオブジェが八日、富山市の富山駅南北自由通路に設置された。市内の園児たちは早速、オブジェの前で花束を友達に手渡し、一足早いフラワーバレンタインを体験した。

 オブジェは高さ二・一メートル、幅二メートルで、県産チューリップの生花や造花をハート形に飾った。トルコギキョウや啓翁(けいおう)桜、ストックなど色とりどりの花々も鉢植えやハンギングフラワーで周りに配置。約千本の生花が駅構内を華やかに彩っている。

 お披露目式には、市内の認定こども園「徳風幼稚園」の年中児二十八人が参加。チューリップのフラワーアレンジメントを作った後、男の子が女の子に「いつも笑っているところが大好きだよ」などと思いを伝えながら花束を手渡した。

 水野有希ちゃんは「花束をもらうのは初めて。うれしかった」と喜んでいた。

 市や花き生産者らでつくる実行委員会などが主催。オブジェは十五日昼ごろまで展示する。 (山中正義)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索