トップ > 富山 > 2月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

滝山さんと的場さん まちづくり最優秀賞 射水 学生アイディアコンテスト

射水市南部の丘陵地域の自然を生かし、教育・運動公園を整備する案を発表する滝山竣平さん(右)と的場裕也さん=射水市三ケで

写真

 大学生や専門学校生が射水市のまちづくりについて提案する「いみず学生アイディアコンテスト」が二日、同市三ケの富山情報ビジネス専門学校であった。

 市が昨年六〜十二月に県内の学生らに提案を募集した。五十八件の応募があり、書類審査を通過した県立大、富山福祉短大、富山情報ビジネス専門学校の六グループが発表した。市企画管理部長や地域おこし協力隊、富山国際大客員教授ら五人が審査した。

 最優秀賞には、県立大工学部環境・社会基盤工学科三年の滝山竣平さん(21)と的場裕也さん(21)の発表が選ばれた。二人は市南部にある丘陵地域を「教育・運動公園」として利活用する案を提案。森林を整備し、トレイルランなどの催しを行うことで、市の魅力向上につなげ、イノシシなどの獣害も抑制できるとした。

 学生らからはほかに、外国人向け観光パンフレットの作成や、婚活イベントの実施などの案が出た。審査員を務めた富山国際大子ども育成学部の水上義行客員教授(71)は「学生から、射水市を何とかしたいという思いを感じられた。最優秀賞の発表は、観光地だけでなく、射水全体の視点を持った内容になっていた」と評価した。コンテストは、学生らの意見を取り入れたまちづくりを進めようと市が開いた。授賞した提案は、担当課で取り組みを検討する。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索