トップ > 富山 > 2月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

本庶さん 来月23日講演 富山県特別栄誉賞など贈呈

本庶佑さん

写真

 県は一日、ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑さんを招き、三月二十三日午後二時半から記念講演会を開くと発表した。受賞が決まっている県特別栄誉賞と富山市名誉市民章の贈呈式も合同で開く。

 講演会は富山市大手町の富山国際会議場で開き、時間は約二時間。「獲得免疫の驚くべき幸運」と題して、本庶さんの研究を基に作られた免疫薬「オプジーボ」の製薬にまつわる話をする。

 国会議員や県議、市議、製薬企業の関係者ら約三百人の他、県内の大学生や小中高校の児童生徒らも数百人招待される。定員は八百人までで、残りは一般公募枠として、はがきとインターネットで四日から参加を受け付ける。定員を超えた場合は抽選。

 石井隆一知事は「本庶先生は県民に大きな希望を与えてくれた。改めて偉業をたたえ、基礎的な科学研究の重要性を知ってもらいたい」と話した。

 本庶さんは両親が富山市出身で本籍は同市にあり、県にゆかりがある。はがきの応募先は「本庶先生ノーベル賞受賞記念講演会申込窓口」(富山市小杉一二〇)宛で、インターネットはhttps://pcojapan.jp/nobelprize/から申し込みができる。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索