トップ > 富山 > 1月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

柔道通じ国際交流 台北3中学生 高岡市長を訪問

高橋正樹市長(前列中央)を囲む台湾の女子中学生ら=高岡市役所で

写真

 高岡市石瀬の塩谷建設正気館道場で十三日に開かれる「第五十回正気館柔道大会」に招待された台湾の台北市立大理(だいり)高級中学校の女子中学生三人と監督が十一日、同市の高橋正樹市長を訪問した。同大会の中学女子52キロ級に出場する中学一年の陳思安(チェンスーアン)さん(13)と張靜瑩(ヂャンジンイン)さん(13)、中学三年の余旻樺(ユーミンファ)さん(15)と指導者の杜天佑(ドゥティェンヨウ)監督。大会を主催する塩谷建設(高岡市)の塩谷洋平社長が同行した。

 塩谷社長が二〇一五年から台湾の小学生や高校生を柔道大会や強化合宿に招いてきた経緯を説明し「五十回記念に子どもたちの国際交流をしたいという思いで招待した」と話した。

 杜監督は「選手に、柔道の素晴らしさを実感させたい。いろいろな体験をさせていただけて、ありがたいです」と話し、三選手も滞在中の文化交流や市内観光を楽しみにしていた。

 高橋市長は「高岡の風土を体験し、いい思い出を持ち帰ってください」と歓迎した。

 選手三人は三泊四日の日程でホームステイしながら、鋳物や螺鈿(らでん)の制作体験、十二日から市街地で始まる日本海高岡なべ祭りに参加する。

  (武田寛史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索