トップ > 富山 > 1月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

万が一の時は「110番」 犯人役にタックル

ひったくり犯を取り押さえた現場の状況を110番通報する北條靖彦さん(右から2人目)=魚津市上村木で

写真

魚津工生通報訓練

 本年度の全国高校ラグビー大会に出場した魚津工業高校ラグビー部員が九日、魚津署の「一一〇番の日」啓発活動に協力。魚津市上村木のショッピングセンター「アップルヒル」で、ひったくり犯人役の署員に得意のタックルを決めて取り押さえ、一一〇番する訓練を披露した。

 三年の金沢優希さん(18)がバッグをひったくって逃げる犯人役の同署桃山公園前交番、信濃啓登(よしのり)巡査(24)に背後からタックルし、倒した。三年の北條靖彦さん(17)が一一〇番し、県警本部職員に事件発生場所や犯人の特徴を伝えた。

 金沢さんは「タックルは30%の力。実際に犯罪現場に遭遇しても部員全員が同じ行動ができる」、北條さんは「緊張したが、的確に状況を伝えられたと思う」と話した。信濃巡査は「優しさを感じたいいタックルでした」と褒めた。

 啓発活動には金沢さん、北條さんの他、一〜三年生二十八人が参加。三班に分かれ、同署地域課警官と買い物客に啓発チラシを配った。 (松本芳孝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索