トップ > 富山 > 1月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

母校の子らに野球指導 ヤクルト・荒木選手

子どもたちに打撃指導する荒木貴裕内野手=小矢部市で

写真

小矢部で教室

 プロ野球ヤクルトの荒木貴裕内野手(31)=小矢部市出身=による野球教室が三十一日、同市水島スポーツセンターであり、小学生のときに所属した津沢スポーツ少年団の子どもらを指導した。(小寺香菜子)

 少年団に所属する三〜六年生二十二人と、津沢中学校野球部の九人が参加し、キャッチボールや守備練習、素振りを見てもらった。荒木選手は、技術指導のほか、返事やあいさつなどコミュニケーションの大切さも子どもたちに呼び掛けた。

 練習後は五年の中川慈元(じげん)主将(11)と沼田優衣(ゆい)副主将(10)が荒木選手に花束を渡して感謝した。中川主将は「両手でしっかりボールを捕ることを学んだ。学んだことを生かして、全国大会に出たい」と意気込んだ。

 荒木選手は「教えることで、僕もまた勉強になる」と話した。十年目となる来シーズンについて「小学生と触れ合うこともできたし、フレッシュな気持ちでやりたい。少しでも活躍して、富山の人に認知してもらえれば」と誓った。

 荒木選手は津沢小卒業後、津沢中時代は高岡シニアに所属。帝京第三高校(山梨県)、近畿大を経て二〇〇九年ドラフト三位でヤクルトに入団した。 

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索