トップ > 富山 > 1月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

合格へ「誓いと祈り」 富山駅に書き込み帳

受験生を応援するノートにメッセージを書き込む人=富山駅で

写真

 受験生の合格を祈る「御祈願帳」と題したノートが北陸新幹線富山駅の中央改札口前に置かれている。受験生用の「合格の誓い」と応援用の「合格の祈り」の二冊あり、誰でもメッセージや決意を書き込める。

 富山駅では昨年まで、列車の滑り止めに使う砂を袋に詰めた「すべらサンド」を配っていたが、今年はノートに書かれたメッセージで受験生を応援していく。「合格の誓い」には「簿記の検定に合格」「首席で合格」などと力強い言葉が書かれていた。「合格の祈り」には「これまでの努力を頑張って発揮してください」などと受験生を力づける言葉があった。

 ノートは語呂合わせで「入試の日」の来年二月四日に合わせ、大阪市内の神社で、御祈祷(きとう)してもらう予定。

  (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索