トップ > 富山 > 12月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

巫女 大役 気を引き締め 高岡・射水神社で認証式

委嘱状を受ける巫女=高岡市古城で

写真

 高岡市古城の射水神社で二十三日、年末年始の巫女(みこ)の認証式があり、松本正昭宮司が高校生、大学生ら四十五人を巫女に委嘱した。

 認証式には白衣と緋袴(ひばかま)を着けた三十四人が参列。代表して富山大三年の島田唯可さん(20)が玉串をささげ、富山高等専門学校射水キャンパス二年の内井陽奈子さん(16)が松本宮司から委嘱状を受けた。松本宮司は「寒い期間中になるが体に気を付けてご奉仕いただければ」と呼び掛けた。

 巫女たちは、三十一日から来年一月十四日まで、参拝者にお守りや縁起物を授与するほか、十人が破魔矢神楽を舞う。初めて巫女を務めるという内井さんは「訪れる人が気持ちよく参拝できるように、舞でご奉仕したい」と意気込んだ。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索