トップ > 富山 > 11月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

射水市の魅力、行政紹介 富山の第一学院高で市長

射水市の魅力や取り組みを話す夏野元志市長(左)=富山市新桜町で

写真

 地域の人から仕事の話を聞く特別授業「しごと講話」が十三日、富山市の第一学院高校富山キャンパスであり、射水市の夏野元志市長が市の行政などについて語った。

 総合学習の時間に生徒の意欲を喚起し、夢を持ってもらおうと実施。一〜三年生の約三十人が、同市の紹介ビデオを視聴する事前学習をして臨んだ。

 夏野市長は太閤山ランドや曳山(ひきやま)まつりなど市の魅力を語り、重点的に進める「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を説明した。人口減少を食い止めるため企業誘致や育児支援、市の魅力発信に努めていることを紹介。「射水には可能性と魅力がある。皆さんにも住んだり、来たりしてもらいたい」と呼び掛けた。

 三年の平井嘉幸さん(18)は「まちを良くしていこうという思いが伝わった。射水市は子育てや教育などいろいろな分野に力を入れていると分かった」と話していた。「しごと講話」は月一、二回開き、これまで元アナウンサーや元五輪選手が訪れている。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索