トップ > 富山 > 10月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

食べて御利益 観音弁当 南砺 安居寺大法要へ予約販売

参拝客向けに予約販売する「観音弁当」=南砺市やかたで

写真

 南砺市安居の真言宗安居(あんご)寺の本尊泰安千三百年記念御開帳大法要が二十、二十一の両日、同寺で営まれる。市商工会福野支部の着地型観光検討委員会は、記念の「観音弁当」を作り、参拝客に予約販売する。

 住職が参拝客のもてなしを検討委メンバーの食品スーパー社長に相談し、検討委として弁当を作ることになった。二段重ねで上段は炊き込みご飯、ますずしなど、下段はかき揚げやイワシの煮物、だし巻き、かぶらずしなどが入って税込み千円。両日は地元名産の里芋を使った里芋汁(一杯三百円)や飲み物も販売する。

 二十日は午前九時から開白法要、理趣三昧(ざんまい)法要、正午から安居村方祝儀(つり物、太鼓、獅子舞)があり、二十一日は午後一時半から稚児行列、午後二時から記念大法要がある。柴田昌尚委員長(44)は「三回試食をして、内容を充実させました。観音弁当を食べて、御利益を授かってほしい」と話している。

 予約は十五日までの平日午前八時半〜午後五時半に商工会福野支部内、同検討委=電0763(22)2536=へ。 (山森保)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索