トップ > 富山 > 10月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

木のおもちゃに夢中 氷見 木育キャラバン始まる

木のおもちゃで遊ぶ子どもたち=氷見市海浜植物園で

写真

 三百個以上の木のおもちゃで遊べる「木育キャラバンin氷見」が五日、氷見市海浜植物園で始まった。八日まで。

 さまざまな形の積み木や、組み合わせてからくり装置を作れるおもちゃなどが用意されている。氷見産の杉「ひみ里山杉」で作った「ひみ板小屋」は八畳の広さで、中に入ると杉の香りに包まれる。卵の形にしたヒノキ約三千個を敷き詰めたプールもあり、子どもが寝転んで遊ぶことができる。五日は市内の保育園児らが訪れ、積み木を組み立てたり、板小屋に入って遊んだりした。

 植物園の草花を使ったハーバリウム作りや、海岸の流木と植物を使ったインテリアプランツ作りなどもある。七日に予定していたツリークライミングは、台風の接近が予想されるため中止となった。

 東京おもちゃ美術館(東京都新宿区)が全国各地にキャラバンを派遣しており、氷見市での開催は四回目。入館料は大人五百円、小中学生百円。ものづくりは別途体験料がかかる。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索