トップ > 富山 > 9月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

運動や禁煙、健診などでポイント 高岡市 来月から開始

県西部6市特産品抽選へ

 高岡市議会は二十日、九月定例会本会議を再開。市は、市民に健康への意識を高めてもらうため、県西部六市で、運動や禁煙など自ら設定した健康づくりに取り組む「とやま呉西圏域ポイントサービス事業」を十月から開始することについて説明した。中村清志議員(自民同志会)の一般質問に答えた。

 呉西圏域の連携事業の初企画。運動、禁煙、健診受診、健康の催し参加などの取り組みに対し、ポイントを付与し、一定のポイントがたまると、高岡、氷見、射水、砺波、小矢部、南砺の六市の特産品が当たる抽選に応募できる。自分で設定した目標を一日達成すれば十ポイント、健診受診もしくはウオーキングなど健康の催し参加は三十ポイント、とやま呉西圏域健康ポータルサイト(からだナビ)のキーワードを応募用紙に記入すれば二十ポイント。百ポイントで応募でき、抽選で高岡市の鋳造メーカー能作での鋳物制作体験などが当たる。実施期間は十月一日〜来年二月末。

 十月一日から広報紙、ホームページに掲載。配布するチラシ(応募用紙)でPRするほか、全国健康保険協会富山支部や高岡商工会議所のホームページや機関紙などでも紹介する。

 吉沢実健康福祉部長は「健康づくり市民行動目標『健康たかおか10カ条』を参加者の目標に設定してもらえるように周知したい」と答えた。 (武田寛史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索