トップ > 富山 > 9月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

大学生「大災害にどう対応」 知事と会談や県議会を傍聴

石井隆一知事(左)に観光やインフラなどについて質問する学生ら=県庁で

写真

 政治への関心を深めてもらおうと、県内の大学生が県議会を傍聴し、石井隆一知事と会談する催しが十四日、開かれた。

 富山大と高岡法科大、富山短大から計二十三人が参加。九月定例会の一般質問を傍聴した後、石井知事と懇談した。

 学生からは、観光業やインフラなどのほか、今夏から相次いでいる大規模災害を引き合いに「富山が被災したらどのような対応をするのか」といった質問が出された。

 石井知事は「人命を第一に行動する。西日本豪雨では避難勧告が出たにもかかわらず避難しなかった人が多くいたなどの問題があったが、そうしたことを教訓にして備えられるようにしていきたい」と答えた。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索