トップ > 富山 > 9月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

ポートラム 新車両導入へ 富山市が提案方針 立山イメージの外観

ポートラム新車両のイメージ写真(富山市提供)

写真

 富山市は十四日、市議会九月定例会で、富山駅北と岩瀬浜を結ぶ路面電車「ポートラム」の新車両一編成を購入する議案を追加提案する。新車両は現在運行中の車両と同じ大きさで、全長一八・四メートル、定員八十人。東京都内の鉄道車両製造・販売会社と契約し、三億二千四百万円で取得する。

 外装デザインは、白銀の立山を表現するシルバーホワイトを基調色とし、アクセントカラーにアルミ質感のシルバーを組み合わせ、先進的なイメージに仕上げる。運行開始日は運行会社の第三セクター「ライトレール」と協議して決める。

 ポートラムでは現在、赤やオレンジ色などをアクセントカラーに入れた七種類の車両が運行している。 (山中正義)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索