トップ > 富山 > 9月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

重機試乗体験など 工場開放にぎわう 氷見のコマツキャステックス

ショベルカーで水中のボールをすくう体験をする子ども=氷見市下田子で

写真

 鋳造品製造のコマツキャステックス(氷見市下田子)は九日、社員の家族や市民らに本社工場を開放した。雨天にもかかわらず多くの家族連れらでにぎわい、同社へ理解を深めた。

 鋳造過程が分かる見学ツアーや同社が生産する部品を使った建設機械の試乗、キーホルダーを作る鋳物教室などを企画。高岡龍谷高校(高岡市)の生徒によるよさこいや県警音楽隊といったステージイベント、消防車やパトカーの展示もあった。

 氷見市窪小学校二年茨木颯介君は、ショベルカーを操作して水中のボールをすくう体験をし「レバーを動かすのが難しかった。工場は広くて、お父さんはすごいなと思った」と話していた。同社は昨年十月、創立二十周年を記念して初めて工場を開放した。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索