トップ > 富山 > 9月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

メンタルヘルス 職場で保つには 富山、香山リカさん講演

若手への仕事は「具体性をもって教えられなければ」と話す香山リカさん=富山市牛島新町のタワー111で

写真

 従業員の健康管理や心のケアについて考えるセミナーが八日、富山市牛島新町の「タワー111」であった。職場での心身の病を防ごうと県が開き専門家の話に約二百人が耳を傾けた。

 講師を務めた精神科医の香山リカさん(58)は「いきいきと働くためのメンタルヘルス対策 心の健康を保つためのコミュニケーションとは」と題して講演。世代間や価値観のずれがうつ病などの心の病気につながっていることを問題視して話を進めた。

 香山さんは「職場などではまだ『私の時代はこうだった』などと武勇伝のように話す上司がいる。このような内容は若手にすごいと映らず、むしろ悪影響。『こうしたことに期待している』といった言い方をした方が良い」と話していた。

 また、若い世代では「サービスを受けることに慣れている人が多い」とも指摘。「会社は自分のためにいろいろと尽くしてくれると当たり前に思っている人がいるが、組織の中で役割があり、すべきことが与えられていると、具体性をもって教えられなければならない」と訴えていた。

 セミナーでは他にも、東京大医学部の中川恵一准教授が職場のがん対策について講演した。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索