トップ > 富山 > 9月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

若さ光る 青少年の芸術 富山 絵画や工芸など1042点

県ゆかりの若者の作品が並ぶ、県青少年美術展=富山市の県民会館で

写真

 県青少年美術展が八日、富山市の県民会館で始まった。県内在住、出身の中学生から二十五歳までの絵画や彫刻、工芸、デザイン、書、写真の作品千四十二点を展示している。十一日まで。入場無料。

 六部門合計で千五百五十四点の応募があった。大賞は各部門から一点ずつ選ばれた。彫刻部門の大賞は富山南高一年の七沢昌俊さんの「森の王」。段ボールなどを素材に歩くゴリラを細かく表現した作品で黒く塗られた体は力強さがうまく出ている。審査員を務めた彫刻家の田畑功さんは「重量感があり、完成度が高い」と評した。

 中島由乃さん(富山いずみ高二年)が絵画、織田峻太郎さん(高岡工芸高三年)が工芸、林原涼子さん(富山北部高三年)がデザイン、寺松錦さん(呉羽高三年)が書、浦上弥生さん(高岡工芸高三年)が写真の各部門で大賞をそれぞれ受賞した。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索