トップ > 富山 > 9月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

路面電車の歴史学ぼう 富山市立図書館 常設コーナー新設

富山の路面電車などに関連した約200冊を展示するコーナー=富山市立図書館で

写真

 富山駅を挟んで南北に分かれて走る路面電車の二〇一九年度末の接続完成に向けて、富山市立図書館は七日、本館五階に常設展示の路面電車コーナーを新たに設けた。富山をはじめとした国内外の路面電車や鉄道史などに関連した約二百冊をそろえた。

 「富山の電車」と「路面電車」の二つのテーマに分けて展示している。富山の電車を題材にした約五十冊の中には、現在は出版されていない「富山ライトレールの誕生」といった貴重な郷土資料や、路面電車の環状線化計画に関する検討報告書などが含まれている。

 ポートラムやライトレールの模型展示や、市内の路面電車の歴史などを解説する映像も上映している。

 同館資料係の森田雪絵さんは「路面電車が富山のまちづくりや発展に一役買っていることを知ってほしい」と呼び掛ける。 (山中正義)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索