トップ > 富山 > 9月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

木舟町の御車山 登場 高岡で展示入れ替え

木舟町の御車山を運ぶ住民ら=高岡市守山町で

写真

 高岡市守山町の高岡御車山(みくるまやま)会館で二日、館内展示の御車山が一番街通から木舟町に入れ替えられた。

 木舟町の御車山は、一番上に飾られる「鉾留(ほこどめ)」が胡蝶(こちょう)で、ボタンの花にチョウが止まっているように見える。相座には太鼓をたたく唐子人形、本座には大黒天人形が座っている。車軸の端を留める「独鈷(とっこ)」には四神獣が施され、山車を守っている。

 高岡御車山保存会年番理事の志甫和彦さん(70)は「大黒様の笑顔と唐子人形の表情をよく見てほしい」と話している。

 入れ替え作業は一番街通の御車山を一日に搬出。二日、高岡関野神社隣の収蔵庫から木舟町の御車山を運んで組み立てた。館内展示では、七基の御車山を四カ月交代で紹介している。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索