トップ > 富山 > 9月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

子持ちアユのシーズン到来 砺波の料理店 甘み、ほくほく感特徴

炭火でじっくり焼き上げる子持ちアユ=砺波市庄川町で

写真

 子持ちアユのシーズンとなり、砺波市庄川町のアユ料理店「鮎(あゆ)の里」でも提供が始まった。一日は開店前から待ちわびる客が列をつくった。

 同店ではアユを竹ぐしに刺し、塩を振って炭火でじっくりと焼き上げる。子持ちアユは甘みとほくほく感があるのが特徴で、十一月末ごろまで味わえる。

 同店の高宮伯典代表取締役は「この時期にしか味わえない秋の味を堪能してほしい」と呼び掛けている。

  (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索