トップ > 富山 > 8月31日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

魚津市民にヒーロー誕生 「うおっしゃくん」披露

(上)うおっしゃくんのデザイン(下)村椿晃市長(左)とポーズを決めるうおっしゃくん=魚津市役所で

写真

社福協キャラ

 魚津市社会福祉協議会のイメージキャラクター「うおっしゃくん」が誕生。三十日には市役所でお披露目があり、着ぐるみが村椿晃市長と対面した。

 同協議会が昨年十二月十五日〜今年一月末にキャラクターを公募。市内外から百七十六点の応募があった。同協議会が応募作を十二点に絞り、協議会の事業所での利用者投票で兵庫県小野市社会福祉協議会職員、窄口真吾さん(40)=同県三田市=の作品が選ばれた。

 未来からやって来たという設定で誕生日は二〇四八年十月八日。身長一八〇センチ前後の成人男性で職業はヒーロー。スカーフが困った人を感知するレーダーになっている。ベルトのバックルは魚津名産のリンゴの中に社会福祉協議会の全国共通マークを入れた。誕生日は一九七〇(昭和四十五)年の魚津市社会福祉協議会創設日という。

 市役所でうおっしゃくんは活発に動き、さまざまな決めポーズを村椿市長に披露。村椿市長は「市民の福祉向上のため、ヒーローとして、縦横無尽に活躍してほしい」と激励した。

 今後、児童センターフェスタなど、協議会のイベントに参加し、地域福祉活動推進をPRする。要望があれば地域の行事にも出る。

  (松本芳孝)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索