トップ > 富山 > 8月30日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

「伝統紹介 ユーチューバーに依頼を」 高岡で「中学生議会」開催

伝統産業の振興について質問する米田隼梧さん(手前(左))と坪野遥さん(同(右))=高岡市役所で

写真

12校24人 一般質問

 高岡市教委の「中学生議会」が二十九日、市役所の議場であり、市内十二校の中学生が、市街地の活性化や交通網の整備などについて一般質問した。

 中学生議員は各校の二、三年生男女一人ずつの計二十四人が務めた。各校一問ずつ質問し、市の各部局長らが答弁した。

 高岡西部中学校三年生の米田隼梧さんと坪野遥さんは伝統産業の振興について質問。「アクセサリーなど若者向けの新製品をつくるのはどうか」「(動画を投稿して広告収入を得る)ユーチューバーに紹介してもらうのはどうか」と提案した。

 質問に対し、川尻光浩産業振興部長は「動画配信の影響力の大きさは認識している。これからの本市を支える皆さんからのアイデアを参考に関係機関と協力したい」と答えた。

 中学生議会は、選挙権が満十八歳以上に引き下げられたことを踏まえ、市政への関心と主体的に政治に参画する意欲を高めてもらおうと同市教委が初めて開いた。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索