トップ > 富山 > 8月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

ヒトデ?クジャク? ユニークなコケ写真 県中央植物園で展示

渓流や森などに生えるコケの写真が並ぶ会場=富山市婦中町上轡田の県中央植物園で

写真

 日本蘚苔(せんたい)類学会の学会員たちが撮影したコケの写真展が、富山市婦中町上轡田の県中央植物園で開かれている。九月五日まで。

 渓流や森、道端などで撮影された三十二点を展示。クジャクが羽を広げたように見える「クジャクゴケ」や手のひらのような形の枝をつけた「ヒトデゼニゴケ」などユニークな形のコケの写真が来場者の目を引いていた。同市清水町の坂本雅人さん(68)は「普段は意識しないコケの種類がこんなにあると分かり、興味深かった」と話した。

 入園料は大人五百円、高校生以下と七十歳以上は無料。毎週木曜日休園。 (酒井翔平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索