トップ > 富山 > 8月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

家持歌碑 親子でたどる 高岡で万葉ウオーク

寺の井戸跡を訪ねた参加者ら=高岡市伏木古国府で

写真

 万葉集の編さんに関わったとされる奈良時代の歌人大伴家持の歌碑や故地を巡る「夏休み企画☆親子万葉WALK」が二十六日、高岡市伏木古国府の勝興寺などであった。参加者約五十人は歌碑の前で家持の歌を朗唱しながらウオーキングを楽しんだ。

 家持が越中国守として赴任した越中国庁があったとされる勝興寺からスタート。近くにある寺の井戸跡では、この場所で詠まれた代表的な歌「もののふの八十娘子らが汲みまがふ寺井の上の堅香子(かたかご)の花」を朗唱した。

 同市佐野の津田ミチ子さん(63)は、孫で同市南条小学校三年の結花さん(9つ)と一緒に参加。津田さんは「行ったことがない所もあるので楽しい」と話した。

 「高岡万葉まつり万葉集全20巻朗唱の会にいざなう会」の玉井晶夫会長や高橋正樹市長も一緒に歩いた。同会の河村宗明さん(54)は家持を守る衛士に扮(ふん)して「参加者を守る衛士気分」と話した。

 市などでつくる高岡万葉まつり実行委員会が、まつりの関連事業として企画した。

  (武田寛史)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索