トップ > 富山 > 8月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

県美マスコット「ミルゾー」 像が完成したゾー

県美術館に向かう小道に建てられたミルゾーのモニュメント像=富山市の富岩運河環水公園で

写真

 県美術館(富山市木場町)のマスコットキャラクター「ミルゾー」のモニュメント像が二十五日、同館前の富岩運河環水公園にお目見えした。

富岩運河環水公園

 ミルゾーは、県美術館の前身の県立近代美術館が二〇一一年に開館三十周年を記念して作った。名前には、これから美術品を「見るぞ」という意気込みが込められている。

 除幕式があり、地元の小学生や石井隆一知事ら約二十人が出席した。モニュメント像は高さ約二メートルほどで、県美術館に続く公園内の道に沿って、同館に向く形で三体が並ぶ。

 ミルゾーをデザインしたグラフィックデザイナーの永井一正さんは「ミルゾーが美術館を向いていて、『まさにこれから見るぞ』と表現できており、とても喜ばしい」とあいさつした。(向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索