トップ > 富山 > 8月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

南砺市と紹興市友好35周年 クロマツ記念植樹 福光

友好のマツを記念植樹する盛閲春紹興市長(右)と田中幹夫市長=南砺市福光で

写真

 南砺市との友好都市締結三十五周年を記念して中国浙江省紹興市の盛閲春市長(50)ら二十四人が二十四日、南砺市を表敬訪問し、松村記念会館(同市福光)に友好のクロマツを記念植樹した。

 盛市長は今年三月に就任し、あいさつと十一月に紹興市で開催される三十五周年記念式典と国際友好都市大会への田中幹夫市長の招待を兼ねて訪れた。盛市長は「マツのように青々と友好を育てたい」、田中市長は「友好の枝を茂らせ、幹を太らせたい」と述べた。

 友好都市は福光町時代の一九八三年三月、福光出身の故松村謙三元衆院議員と、紹興市が原籍地の故周恩来首相の親交を縁に締結。一行はこの日、福野庁舎で田中市長の歓迎を受けたほか、市内のベアリング製造会社やスキー場を視察、夜には歓迎会に臨んだ。 (山森保)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索