トップ > 富山 > 8月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

県花のまちづくりコンクール最優秀賞

写真

 花と緑の銀行は二十三日、学校や地域が育てた花壇の出来栄えを競う第四十五回県花のまちづくりコンクールの審査結果を発表した。

 最優秀賞は学校花壇の部門で高岡市成美小学校、幼稚園・保育所花壇の部門で富山市西田地方保育所、一般花壇部門で砺波市南般若花と緑の推進協議会、花の道部門で南砺市桐木花と緑の推進協議会がそれぞれ選ばれた。

 成美小は「新しい命を育て花と笑顔がいっぱいの美しい花壇をつくろう」がテーマ。サッカー・ワールドカップにちなんでサッカーゴールをイメージしたデザインもあり、背が高いハゲイトウの美しさなども評価された。

 西田地方保育所の花壇はチトニアやコスモスなど、黄色を主にした花が存在感を発揮し、近くを走る車からも楽しめたという。

 四部門に計二百九十件の応募があり、五十六団体・個人が入賞した。上位入賞団体は十月に県民会館で開かれる第四十六回花と緑の大会で表彰される。 (加藤隆士)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索