トップ > 富山 > 8月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

砺波など3市 名跡巡る 130キロ歩き抜くぞ

保護者に見送られ出発する児童ら=砺波市高道で

写真

小学生4泊5日出発

 小学生が砺波、南砺、小矢部の3市の旧所名跡を巡り、4泊5日で130キロを歩く「歩いて発見!となみ野サマーチャレンジ」が21日、始まった。猛暑のことし、給水、頭から水をかける散水をこまめに取って歩き、利賀方面にも足を延ばす。

 子どもたちの生きる力を育もうと、南砺市のNPO法人「PEACEとなみ野」が主催し、15回目。3市を中心にした4〜6年生41人を学生ボランティア約50人が支える。小学校などに宿泊し、歩き続ける。

 砺波市高道体育館で結団式があり、神下正弘会長、平木宏和市教委生涯学習・スポーツ課長が激励。代表の畠山卓弥君(同市出町小6年)、石附(いしづき)志野美さん(同市庄東小6年)が「みんなで力を合わせ歩き抜きます」とチャレンジ宣言した。

 この後、保護者の見送りを受けて出発。戸田琉李華さん(南砺市城端小6年)は「みんなと仲良くなり、協力してゴールしたい」と話した。 (山森保)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索