トップ > 富山 > 8月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

甲子園 あす県出身選手対決 三重・白山 VS 愛知・名電

(左)朝日町出身の岩田剛知選手=兵庫県伊丹市で(右)小矢部市出身の向川侑成選手=大阪府豊中市で

写真

岩田剛知投手=朝日町出身

富山魂 帽子に刻んで

向川侑成内野手=小矢部市出身

成長した姿 見せたい

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開かれている第100回全国高校野球選手権大会で、小矢部市出身の向川侑成(むこがわゆうせい)選手(3年)がいる愛工大名電(西愛知)と、朝日町出身の岩田剛知(たけとも)選手(3年)がいる白山(三重)が、11日に対戦する。向川選手は「富山の人たちに成長した姿を見せたい」、岩田選手は「期待に応えたい」と気合を入れる。(小寺香菜子)

 向川選手は大谷スポーツ少年団で高岡商の中村昂央(こうよう)主将(三年)、中学では高岡ボーイズで高岡商の北岡駿選手(同)と一緒だった。向川選手は高岡ボーイズのコーチに勧められ、練習環境が整っているところで野球がしたいと、愛工大名電に入学し、寮生活をしている。

 仲間がいる高岡商の初戦はテレビで観戦したといい「楽しそうな良い雰囲気でやれていた」と勝利を喜んだ。三塁ランナーコーチを務める控えの内野手。「代打で出たら思いっきり打ちたい」と意気込む。

 岩田選手は泊サンフラワーズで野球を始め、朝日中学校野球部では投手。レベルの高い東海地方で野球がしたいと、母の美穂さんの実家がある三重県内で高校を探した。

 県大会では「二本柱」の投手として、切れのあるスライダーと直球を武器に勝ち進んできた。帽子のつばには「富山の力を借りて勝ちたい」との思いで、チームメートに「富山魂」と書いてもらった。十一日は中学時代の仲間たちが富山から応援に来る。「頑張れる。一勝をプレゼントしたい」と張り切っている。

 愛工大名電対白山戦は大会七日目の十一日、第四試合に行われる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索