トップ > 富山 > 7月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

立山登山 カードと共に 県道路公社製作、児童へ

室堂と弥陀ケ原の標高を記入できる空欄を設けたカードの中面

写真

標高調べて書き込んで

 立山登山をする児童に携帯してもらおうと、県道路公社が恒例の「立山登山チャレンジカード」を作った。本年度は新たに標高を記入できる空欄を加えた。夏に登山を予定している県内の小学校に配布し、活用してもらう。(山中正義)

 本年度は県内の百七校、約五千九百人の小学生が登山を計画しており、九日から各自治体の教育委員会を通じて配布を始めた。

 表面は立山・室堂へ続く立山有料道路を空撮したデザイン。裏面は道路の除雪で活躍する大型ロータリー除雪車(愛称・立山熊太郎)を紹介し、登山日などを記録できるようになっている。

 見開きの中面には、室堂と弥陀ケ原周辺の地図を掲載し、調べてそれぞれの標高を記入できる空欄も設けた。閉じた状態で、縦一一・五センチ、横七・五センチ。

 カードは立山有料道路をPRするとともに、思い出づくりに役立ててもらおうと二〇一五年度から作っている。県道路公社の担当者は「散策時に携帯して記録してほしい。登山後も保管して振り返り、また登りに来て」と呼び掛ける。

 立山有料道路の桂台料金所(立山町芦峅寺)で申し出れば、県外の小学生にも配布する。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索