トップ > 富山 > 6月14日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

カターレ選手 児童に技伝授 滑川・東加積小を訪問

脇本晃成選手(左)とサッカーを楽しむ児童たち=滑川市東加積小で

写真

 サッカーJ3、カターレ富山のDF脇本晃成選手が十三日、滑川市東加積小学校を訪れ、二、三年生二十二人と体を動かしながら交流を深めた。プロ選手が子どもたちに直接指導をする県の「プロ直伝!とやま夢づくりスポーツ塾」の一環。

 「わっきー」という愛称の脇本選手は、蹴ったボールに当たってはいけない爆弾ゲームや、チームに分かれたゲームなどで子どもたちと触れ合い、「しっかりボールを見て」と、ドリブルやシュートの技を伝授していた。

 教室が終わると、脇本選手は「サッカーは一人ではできず、みんなで助け合ってやるスポーツ。クラスでもみんなで助け合って、良い学校生活を送ってください」と子どもたちに語りかけた。三年の岩城多緒さん(8つ)は「わっきーさんはサッカーがうまくて、ゲームが楽しかった。もっとうまくなりたい」と楽しげだった。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索