トップ > 富山 > 4月17日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

「星の空」新パッケージ 立山黒部貫光 地ビール

新たなパッケージデザインで販売されるクラフトビール「星の空」=立山黒部貫光提供

写真

 十五日に全線開通した立山黒部アルペンルートを運営する立山黒部貫光(富山市桜町)は、観光客や登山客に人気のクラフトビール「星の空」のパッケージデザインを刷新した。アルペンルートの立山駅−黒部湖にある各売店や同社の通販サイトで販売している。

 五代目となるパッケージには、立山連峰に浮かぶ満天の星をデザイン。同社は「インスタ映えすること間違いなし」と太鼓判を押す。

 味は、フルーティーでまろやかなオリジナルビールと、香ばしい苦味が味わえる黒ビールの二種類。全国名水百選にも選ばれている希少な軟水「立山玉殿の湧水」で仕込み、缶内で自然発酵させるため、飲みやすさが特徴だという。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索