トップ > 富山 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

川除選手「入賞目指す」 平昌パラ・スキー 富山市役所で抱負

「リラックスして6位入賞を目指す」と意気込む川除大輝選手=富山市役所で

写真

 平昌パラリンピック・ノルディックスキー競技に日本代表として出場する雄山高校二年川除(かわよけ)大輝選手(16)が九日、富山市役所を訪れ「リラックスをして自分の目標の六位以内を目指して頑張りたい」と大会への抱負を語った。

 川除選手は生まれつき両手の指の一部がない両上肢機能障害がある。本番ではストックを持たずに三種類の競技に出場する。

 持ち味は大きく腕を振ったダイナミックな滑りと心肺機能の強さで、同行したスキー部の大畑賢寛顧問(54)は「軽四トラックに三〇〇〇ccのエンジンを付けたような選手」と紹介。今本雅祥副市長は「国際大会でも好成績を残しており、絶対にチャンスがある。体調を整えて本番に臨んでほしい」と激励した。

 平昌パラリンピックは来月九日から始まり、川除選手は八日に出発。最初に出場する競技ノルディッククロスカントリー・ロングは十二日から始まる。「まだ時間がある。今までの練習の成果を出せるようにしっかりと準備していきたい」と意気込んだ。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索