トップ > 富山 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

自分向けやSNS映え バレンタイン商戦活気

品定めしながらチョコレートを選ぶ人たち=富山市総曲輪の大和富山店で

写真

 十四日のバレンタインデーを前に、県内のショッピングセンターなどでは、チョコレート販売のブースが立ち並ぶ「バレンタイン商戦」が活気を帯びている。富山市総曲輪の大和富山店ではチョコ販売の物産展「ショコラの祭典」が開かれ、多くの人でにぎわっている。

 店が毎年この時期に開き、今年は四十四のブースが出ている。ベルギーやフランスなど、海外の職人が作ったチョコや、日本の有名スイーツブランドなどの商品が並び、訪れた人たちはお目当ての品を買い求めている。家族や職場の友人に二十個以上チョコを買ったという氷見市の五十代女性は「家族向けに買った分をみんなで分け合って食べたい。生チョコを食べるのが楽しみ」とうれしそうだった。

 店の担当者によると近年は、自分向けのチョコを買い求める傾向が強くなっているという。今年は一箱三千円の高額なチョコや、会員制交流サイト(SNS)などに投稿するため、カラフルで見た目が鮮やかな商品が売れているという。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索