トップ > 富山 > 1月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

就業体験 富山に来られ 申し込み ネットで可能に

オンラインで就業体験の申し込みができる「インターンシップナビとやま」の画面

写真

県推進センター、新サイト開設

 県インターンシップ推進センター(富山市湊入船町)は、県内外の学生の就業体験を促すため、機能を充実させた新たなウェブサイトを立ち上げた。従来は情報検索のみだったが、オンラインで県内企業のインターンシップ(就業体験)に申し込みができるようになった。(山中正義)

 学生はこれまで情報を集めた後、企業や大学を通して申し込みをしなければならなかった。新サイトでは、ネット上で手続きを済ませることができ、学生と企業の利便性が向上する。

 「インターンシップナビとやま」と題したサイトは、学生も企業も登録することで利用できる。短期のインターンシップ募集情報や、学生や企業のマイページ機能も新たに追加した。

 県労働雇用課によると、夏休みに就業体験した学生は二〇一五年の九百四十三人に対し、一六年は千百六十三人、一七年は千百五十四人となった。就職活動の解禁日の変更や、県による情報発信の強化などの施策が後押ししているとみられる。

 ただ、参加した学生のうち、県内学生が八割以上を占め、県外学生の伸び悩みが課題となっている。

 新サイトは、昨年十二月から県内企業の受け付けを開始し、これまでに約五十社が登録済み。夏のインターンシップには例年約三百社が参加していることから、同数の登録を目指す。

 同課の担当者は「大手のウェブサイトは全国規模で、県内企業を見つけにくい。新しいサイトを使って申し込みを」と活用を呼び掛ける。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索