トップ > 富山 > 12月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

英語で伝えるTOYAMA 外国人観光客向け無料誌

外国人のための「ToyamaGuide」を発行する田島敏美さん=富山市で

写真

 富山市でウエディングベール縫製店を営む田島敏美さん(46)が今年、外国人観光客らに向けた無料雑誌「Toyama Guide」の発行を始めた。「安心して富山に来てもらえるように」と、英語で県内の地域情報や交通機関の使い方などを紹介。「外国人が富山を訪れる理由はまだ少ないけど、魅力を伝えてもっと呼び込みたい」(山中正義)

田島さんが発行

 きっかけは三年ほど前。市中心部にある自身の縫製店「Cey(セイ)」の近くにある富山国際会議場に訪れた外国人が、市内を当てもなく困った様子で散策しているのを見かけた。「『あの店はいいよ』と教えてあげられたら…」

 ちょうど縫製店の広告媒体を探していたことも重なり、雑誌の発行を思い立った。仕事仲間のカメラマンらと一年かけて県内の写真を撮るなどして準備を進め、今年五月に市中心部を題材にした0号を発行。今は女性十人で編集に当たっている。

 八月末にできた最新号の1号では、富山市八尾町を特集し、越中八尾おわら風の盆や越中八尾曳山(ひきやま)祭の魅力を紹介した。町までの行き方と電車やバスの乗り方、旅館でのマナー、外国人に対応できる飲食店など実用的な情報も掲載する。

 A4判のオールカラーで全十六ページ。富山駅や富山市国際交流センターなどで入手できるほか、雑誌のホームページでも閲覧できる。現在の発行部数は五千部だが、来春には県内の宿泊施設約二百カ所でも配布する。今後は外国人のための防災情報も充実させる。

 雑誌には英語とともに日本語が併記され、田島さんは「富山の子どもたちが自分たちの地域を英語で伝えられるようになり、外国人との壁をなくすきっかけになれば」と夢を膨らませる。次号は来年二月末の予定。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索