トップ > 富山 > 11月18日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

黒部峡谷鉄道 値上げへ 国交省に申請 来年4月、15%超

来年4月からの運賃値上げが申請された黒部峡谷鉄道のトロッコ電車=10月、富山県黒部市の黒薙駅付近で

写真

 「トロッコ電車」で人気の黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)は、旅客運賃の値上げを国土交通省に申請したと発表した。認められれば、宇奈月−欅平(けやきだいら)間の大人片道運賃が、現行の千七百十円から千九百八十円になるなど、計三区間で15・8〜16・5%の値上げとなる。来年四月からの実施を予定している。

 同鉄道によると、運賃の値上げは、消費税増税に伴う二〇一四年の改定以来四年ぶり。

 少子高齢化や景気の低迷でトロッコ電車の利用者が減少している上、老朽化する車両や橋りょうなどの維持管理のコスト増加も見込まれ、値上げの申請に踏み切ったという。

 宇奈月からの他の申請運賃は、黒薙(くろなぎ)までが五百七十円から六百六十円に、鐘釣までが千二百十円から千四百十円に、それぞれ値上げ(六歳以上十二歳未満の子ども運賃は半額。十円未満は切り上げ)。貨物運賃も一区間一トン当たり二千六百円から三千円に改定を申請した。 (渡部穣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索