トップ > 富山 > 11月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

射水味わう「新米給食」 金山小

笑顔で新米を味わう児童ら=射水市金山小で

写真

 射水市内で収穫されたばかりの米を味わう「新米給食」が九日、同市金山小学校であり、全校児童ら六十人がつやつやの白いご飯を堪能した。JAいみず野(同市)が市へ米を贈ったことによる初めての催し。

 贈ったのは「越中いみず野 米一番」として同JAが全国で販売する市内産コシヒカリ千五百キロ。ふっくらと炊きあがり、香りが良いのが特徴という。市内の全十五小学校、六中学校で、児童生徒ら七千七百人に提供する。子どもたちに地元の特産の味を知ってもらい、地産地消を進める狙いがある。

 給食では炊いた新米が和風ハンバーグなどと一緒に出され、児童らは白いご飯を口いっぱいにほおばっていた。三年の北角春樹君(9つ)は「もちもちでちょっと甘くておいしい」と、あっという間に完食。他の小中学校では十六、十七日に提供される。 (山本拓海)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索