トップ > 富山 > 11月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

苦労越え咲かせた大輪 富山 稲荷公園で市民菊まつり

大輪が並ぶ「三本立て十二鉢花壇」=富山市稲荷園町で

写真

 丹精に育てた菊を飾る「市民菊まつり」が、富山市稲荷園町の稲荷公園スポーツ広場で開かれている。六日まで。入場無料。

 県菊花会などが主催。一鉢三本を斜めに配置する「三本立て十二鉢花壇」や小菊盆栽、五重の塔のモニュメントなど約二百五十点が飾られ、黄色や紫などの大輪が会場を彩る。来場者たちは写真を撮ったり、栽培した人と話したりして観賞を楽しんでいる。

 栖川忠副会長(82)によると、台風21号で会場のテントが倒れたほか、高湿度の影響で菊が病気になってしまったりと例年にない苦労があった。「今年は出品点数が少ないが、中には非常にきれいなものもある。苦労して育てた菊を見てほしい」と来場を呼び掛けた。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索